マッチングアプリ

マッチングアプリpicoの口コミと評判!安全?高い?

マッチングアプリpicoとはどんなマッチングアプリなのでしょうか?

たくさんのアプリの中でこのマッチングアプリpicoがどのようなアプリなのかを紹介します。

 

違う意味でこのマッチングアプリは度肝を抜かれることでしょう。

ぜひじっくりとご覧ください。

 

マッチングアプリpicoは?

結論から伝えましょう。

このマッチングアプリは安全ではありません。

 

出会える可能性も優良なマッチングアプリと比べると極めて低い。

なぜならマッチングアプリと謳いながら、そもそも出会うことが禁止されているからです。

 

マッチングアプリpicoの評判は?

悪い口コミや評判からこのマッチングアプリを使うことをおすすめしない理由を解説してきますね。

 

登録した途端に大量のメールが届く

通常のマッチングアプリでは、アプリに登録してプロフィール写真やプロフィールの内容をしっかりと作り込んでいきます。

そうすることで相手に興味をもってもらい、マッチングにつながっていきます。

 

しかし、登録した途端に大量のメールが届くのはシステムとして明らかにおかしいですよね。

少なくとも本気の出会いを求めている人ではないでしょう。

 

メッセージを送る料金が高い

マッチングアプリには料金の支払い方においてポイント制と月額制の2種類があります。

ポイント制の代表的なマッチングアプリである「ハッピーメール」や「ワクワクメール」などメッセージ1通にかかる料金は50円が相場

 

しかし、picoではなんと250円もかかるのです。

相手とは1通や2通で出会いに持っていくことはほぼ無理でしょう。

 

そうなるとどんどん課金が必要になってしまいますよね。

 

本人確認・年齢確認がないから安全性が低い

近頃の優良なマッチングアプリは基本的に本人確認や年齢確認が必須となっています。

そうすることで、業者などの登録を避けることが出来るからです。

 

しかしpicoには年齢確認がないので、相手の女性に18歳未満の高校生が混じっていることも可能性としてはあります。

そのような相手と関係を持つことになってしまったら犯罪者となってしまうので非常に危険ですよね。

 

「インターネット異性紹介事業の届け出」を提出していない

マッチングアプリでは異性の出会いを紹介することを認可してもらうために、「インターネット異性紹介事業の届け出」というシステムがあります。

どのマッチングアプリもこの届け出をしているから異性のマッチングを後押しできるのです。

 

しかし、このpicoではこの届け出をしていない為、異性が会うことを認可することが出来ません。

出会い系のマッチングアプリでありながら矛盾していることは言うまでもありませんね。

 

メールアドレスや電話番号、本名では登録できない

picoでは、メールアドレスや電話番号、本名では登録できません。

確かに身バレを気にする人からすると便利な機能ですが、一般的にいう業者からするとこれほど登録しやすいマッチングアプリはないですよね。

 

その分、業者が多く潜むことが出来る理由となります。

 

サクラも業者もいる

最近「恋人探し」や「婚活」を目的にしたマッチングアプリは月額制を導入しています。

こうすることで、サクラをアプリの中から削除し、クリアーなアプリとして謳うことができるのですね。

 

しかし、ポイント課金制のアプリではサクラが存在しやすいのです。

メッセージのやり取りをしてなかなか会ってくれなかったり、ポイントが切れそうなタイミングで会うことをほのめかしたりするならサクラ確定です。

 

ギリギリでそのような話をすることであなたがまた課金するように仕向けているのです。

さらにpicoでは登録のしやすさから業者も多く入り込みやすいことはすでにお伝えしましたね。

 

残念なマッチングアプリです。

 

利用規約で出会い禁止を促す文言がある

「インターネット異性紹介事業の届け出」を提出していないという話はお伝えしましたが、さらにこんな口コミまでありました。

 

出会い・異性交際のための相手をマッチングさせるサービスではない

 

 

もはや矛盾を肯定しようとしている酷さですね。

このように定義することで、pico利用者が勝手に出会って問題になった時の責任逃れをしているわけです。

 

こんな無責任なアプリを使用することをおすすめする理由がありません。

 

高評価レビューは嘘

今回悪い口コミばかり紹介していますが、実は高評価レビューもあるにはあります。

しかし、このレビューを紹介しないのはそのレビューに信憑性がないからです。

 

このマッチングアプリでは利用者が良い評価の口コミを書くと特典やポイントがもらえるという仕組みをとっています。

だから、ポイントが欲しい利用者は心にもない良い口コミを書きますよね?

 

そんな口コミは信用してはいけませんよ。

 

個人運営で会社でない可能性が高い

基本的にAppleストアなどでもアプリの開発者とその会社名などの記載があります

しかしpicoには運営会社が記載されていない。

 

開発者の名前だけなのです。

これらの内容からも分かるように個人でやってる詐欺アプリの可能性があるということです。

 

存在から信憑性が低いアプリを使う必要はないでしょう。

 

出会えない

いきなりメールが来ることや、サクラが多く潜んでいることからも当然と言えるかもしれませんが、出会えません

しかも、出会うことはこのマッチングアプリの中の利用規約の中で禁止されています。

 

何のためにこのマッチングアプリを使えというのでしょうか。

 

サクラを公認する文言がある

事実上マッチングアプリではないことを宣言する文言があった上に、さらにサクラを公認する文言があります。

 

「スタッフがメッセージ送信等の適宜の方法を用いて会員様のお相手をさせて頂くことがあり、この場合でも通常の料金をご負担いただくことをあらかじめ同意するものとします。」

 

 

ここまでくると驚きも減りますが、登録した瞬間にサクラが山ほどメールを送ってくるという違和感に改めて納得がいきますよね。

サクラを公認するようなマッチングアプリは利用するに値しません。

 

picoの使い方

こんな評判の悪いpicoですが、ちなみに利用方法は以下のようになります。

  1. 検索機能を使って相手を見つける
  2. 相手にメッセージを送る
  3. 相手もあなたに良い印象を持ってもらえるならマッチングとなる
  4. 2人でチャットをする

 

至ってシンプルですし、流れとしては他のマッチングアプリとそこまで大差はありません。

しかし一つだけ重要なことをお伝えします。

 

出会うことが目的ではないということです。

「チャットをする」ことがゴールなのです。

 

そこだけは間違えないでくださいね

 

picoの基本情報

こんなpicoの基本情報をお伝えしましょう。

会員数:100万人

<利用料金>

120P /  1,220円
240P /  2,440円
390P /  3,680円
530P /  4,900円
1100P/10,000円

※登録時に120P配布される
メール1通25P(250円)

 

だいたい1P=10.16円ほどでしょうか。

通常のポイント制のマッチングアプリは1P=10円程度なのでほぼ同額と感じるかもしれませんね。

 

しかし、0.16円も積もれば大きな差となっていきますので気をつけてください。

 

まとめ

picoとはどんなマッチングアプリなのかを紹介していきました。

結論としては、このマッチングアプリを利用しても基本的に良いことはないということです。

 

出会い系のマッチングアプリならハッピーメールワクワクメールを。

恋人が探したいならPairswithなど優良で利用価値のマッチングアプリを使って下さいね。