マッチングアプリ

マッチングアプリで会うまでの流れを細かく解説!メールから最後まで!

マッチングアプリを利用し始めたけど、本当に出会えるのだろうか?

どうやって出会いまでこぎつけたらいいのだろうか?

 

そんなぼんやりとした不安を抱えながらアプリを利用している方は多くいます。

でも大丈夫。

 

この記事を読めば何を大切にして、どんなことを気をつければ出会いまで結びつけられるのかを解説しています。

 

きっとこういったコミュニケーション術はマッチングアプリ以外でも役に立つはず。

それでは、早速ご覧ください。

会うまでのステップ

マッチング アプリ 会う まで 流れ 細かく 解説 メール 最後 まで

まずは会うまでのステップをザックリと確認しましょう。

会うまでのステップ!
  1. どちらかが”いいね”をする
  2. ”いいね”お返しをする。→マッチング
  3. メッセージ開始
  4. メッセージの中で会う約束をする
  5. デートする

このような流れですね。

この流れで当然重要になるのはメッセージのやり取り

 

やり取り次第で、会えるかは会えないかの境界線は分かれてしまいます。

メールのやりとりを始めるにあたって

マッチング アプリ 会う まで 流れ 細かく 解説 メール 最後 まで

では、マッチングして実際にやり取りを開始します。

どっちから、どうやって開始するのでしょうか。

メールを送るのは男性か女性か?

基本的にはどちらでも構いませんし、強いて言うなら男性からの方が多いでしょうか。

一般的によくあるのは”いいね”を先に送った方からですね。

 

だから、女性も縛られる必要はありません。

送りたければ迷わず送りましょう!

普段自分からしか送らない男性だったら嬉しくなってしまってあなたに興味が湧く可能性もありますよ!

最初のメッセージの内容

最初のメッセージは肝です。

このメッセージで返信が早々に来なくなる可能性も十分あります。

 

大切なことはしっかりと相手目線になって考えることです。

では、どんな形式で具体的に書くのかをお伝えします。

どんな形式で具体的に書くのか?
  • 自己紹介を爽やかに
  • ”いいね”してくれたことのお礼
  • 相手を”いいね”した明確な理由(※容姿系の褒め方はNG)
  • 趣味や共通点などを利用して質問の形で絞める

⇒これらを5~7行程度で書いてください。

 

この分量が相手が重いと感じず、警戒を解くために必要な情報をギリギリ詰め込める量なのです。

最初から会うまでのメッセージを続ける際の注意ポイント

次にメールの内容を決めた後は実際にメールを作っていくわけですが、気をつけるべきことは、言葉遣いです。

気をつけるべきこと!
  • 絵文字や顔文字を適度に使うこと
  • 敬語で送ること(タメ後はNG)→少なくとも会うまでは続けましょう

基本的に「恋愛・婚活系」のマッチングアプリを利用している人は、真面目な出会いを求めている場合が多いです。

 

そうなると、メッセージを始めた時からこの人は自分の恋人としてどうかという目線で文章を読みます。

 

少しでも良い印象を持ってもらいメッセージを持続させるためにぜひ気をつけてくださいね。

最初のメッセージの送るタイミング

上の2つは割と意識する人が多くなってきていますが、落とし穴なのが意外と送るタイミングです!

 

最初のメールは作るだけでもかなり気を遣っています。

つまり、読み手にきちんと読んでほしいわけです。

 

そうなると、相手が読んでくれる時間を狙う必要があります。

 

相手の職業にもよりますが、基本的には19時~21時ぐらいであれば、仕事も終わり帰ってひと息ついたころでしょう。

 

狙い目はその時間帯です。

仕事真っ最中に送られてきた時、あなたなら後回しにしますよね。

 

「今忙しいから」と。

そして後回しになったメッセージは最悪そのまま忘れられてしまいます。

そうならないためにも送る時間は案外大切な工程ですよ。

実際にデートに誘うまで

マッチング アプリ 会う まで 流れ 細かく 解説 メール 最後 まで

これで無事にあなたはメッセージのやり取りがスタートしましたね?

もし、これだけ考えて返信がないのであれば気にする必要はありません。

 

次に行きましょう!

誘うまでの期間

どれくらいを目安に誘うのがベストだと思いますか?

ズバリ5~7日間程度で1週間を越えないかな~というぐらいが目安です。

 

やり取りを始めて2日や3日では、相手は早いなと感じ警戒してしまいます。

 

そして1週間を越えると逆に相手は自分に興味がないのでは?と思い始め、あなたから別の方へと気持ちを移そうとしてしまいます。

 

だからこその5~7日目辺りです。

最初の方は緊張するかもしれませんが、マッチングアプリを利用している時点でお互い「会うこと」を最初から目的にしているので、勇気を持ってデートに誘ってみましょう!

実際に会うまでのトータルで必要な期間

これであなたはついに誘いました!

そして相手もOKしてくれました!

 

いよいよ会う日程を決めます。

 

互いの仕事の忙しさもあると思いますが、だいたい誘ってから1~2週間以内の日程で都合がつけられると良いですね。

 

理由は先ほどと同じく気持ちが冷めない期間だと思ってください。

そうすると、結果的にみると、マッチングしてから約2~3週間でお相手と会うことが出来ます。

メッセージを続ける方法

マッチング アプリ 会う まで 流れ 細かく 解説 メール 最後 まで

大枠はこれで理解できたことでしょう。

次は、この筋に合わせてあなたが気をつけることをお伝えしていきます。

どんな話題を振ったらいいのか

最初のメッセージは基本的に情報が少ないので、プロフィールをしっかり読んだり、サブ写真の情報から話題を見つけてスタートさせるのが良い方法です。

 

実際に始まってからも「趣味」や「共通点」の話題が続けばそれも一つですが、話題に困ったときは次のような話題を参考にしてみて下さい。

話題に困ったときの参考!
  • 仕事内容
  • 休日の過ごし方
  • 行きたいところ/気になっている場所

ここで意識するのはあくまで「デートの約束」を前提に会話の話題を探すことです。

 

仕事内容や相手の動き方を把握できれば、デートの日程を立てたり、メールを送るタイミングが分かったりしますよね。

 

休日の過ごし方で、外に出るタイプならそこに自分が合わせればついでに会ってもらえるかもしれません。

行きたいところなども1人では行きづらいのかもしれないので、それならば「付き合いますよ」とデートの約束に取り付けられます。

マッチングした相手とは複数人同時並行で行う

堅実な人ほど抵抗があるかもしれませんが、悪いことではありません。

 

むしろ時間を有効に使い、月額料金で支払っているお金を無駄にしないためだと思ってください。

 

さらにこんなメリットがあります。

メリット!
  • 1人と相手に執着せず余裕が持てるようになる
  • メッセージをする練習

人は執着するからこそ、しつこいメールを送ったり、冷静な判断を誤ります。

 

複数人とやり取りすることで、自分をいつも冷静かつ平常心でいられ、結果的に相手のことを考えられる余裕を持つことに繋がります。

 

また、メッセージをする練習もしてみましょう。

マッチングアプリをしている人は恋愛が苦手な方もいますよね?

そんな方は、習うより慣れよ、と同じで経験値が必要だと感じる方もいるでしょう。

そういった方は特にうってつけの考え方だと言えます。

デートの約束をする時に~番外編~

マッチング アプリ 会う まで 流れ 細かく 解説 メール 最後 まで

初デートに選ぶ場所は、相手が警戒しない場所を選びましょう。

相手が警戒しない場所!
  • カフェ(お茶)
  • 食事(ランチ)

この2つが無難です。

そして”2~3時間”で切り上げるようにしましょう。

 

女性からするとネットで知り合った男性に会うのは男性が思う以上に怖いものです。

カフェや食事程度なら気軽ですし、2~3時間と時間を区切ることで、印象が良ければ「また会いたい」と次につなげられる可能性も高くなります。

まとめ

マッチング アプリ 会う まで 流れ 細かく 解説 メール 最後 まで

いかがでしたでしょうか。

うまくいかず「マッチングアプリ」なんかじゃ会えない、と言いたい方もいるでしょう。

 

でも最初からうまくいく人の方が世の中は少ないですよ。

数か月やってみて急にたくさんの人と出会える人もいます。

 

ぜひ諦めずメッセージを続けてみて下さい。

この記事があなたの成功までの道のりを少しでも短くできれば幸いです。